2009年06月09日

 ウインカーとお母さん。



今日は高速教習です。



3時間、高速道路を運転するんだそうです。



当たり前ですが、高速道路は 高速で走ります。



周りの車も 高速で走ってます。



60km道路を 40kmで走る私にとって、それはもう バンジージャンプより 勇気のいる事です(T_T)




・・・昨夜、とりあえず 通帳と印鑑と年金手帳を わかりやすい所に置きました(-_-;)





さてさて、今日は なかなかのドライブ日和。


一緒に教習を受けるのは 18歳のヤンキー兄ちゃん
( ▼Д▼)y─┛~~



そして、教官と私と3人で出発です。





まず、ライトや オイルなどの点検。


仮免許証や プレートの確認。






(o ̄∀ ̄)ノOKです。




最初は、ヤンキー兄ちゃんが運転することになりました。



順調に走り続け、岩手県突入。



そして、一度 高速を降りて 運転手交代。



いよいよ、アタクシが高速道路を 運転する番に (x_x)



「それじゃ、出発してください(*^-^)」←教官


「は。はい( ̄‥ ̄)=3」



ゲートをくぐり、車線変更をしようとした その瞬間・・・




カチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチ




Σ( ̄∀ ̄lll)!?


・・・ウインカー壊れました。
il||li _| ̄|○ il||li






もう、パニックです(゚Д゚;≡;゚д゚)


ひとりワニワニパニックです(゚Д゚;≡;゚д゚)



とりあえず 一度 車を止めて点検。


でも、直りません。



「あのぉ〜。こういうのって やっぱあるんスか〜(VーV)」←ヤンキー

「いやいや。普通ないよ。教習車はいつも点検してるし。私も初めてです(*^-^)」←教官


笑顔でどこか 嬉しそうな2人 と対照的に、私は泣きそうな顔で
「こんな事なら、昨日の晩ご飯 もっと良いモノ食べときゃ良かった(TωT)」
と、夕べの お茶漬けを後悔してました。




なんとか無事に(?)教習所に戻り、車を変えて また路上で教習。


こうして、本日の授業は全て終了致しました。





生きてることに感謝しながら、帰ろうと玄関を出ると、一緒に教習を受けた あのヤンキー兄ちゃんが タバコを吸いながら電話していました。



「あ?終わった終わった。うん。大丈夫。ってか2人だったし。(*▼д▼)y-゜゜゜」

その兄ちゃんのすぐ横に私の自転車が止めてあります。


ですが、兄ちゃんは 私の存在に 全く気づいていません。


「ん?知らない女の人。ん?いやいや全然年上。タメとかじゃないわ。」


どうやら、アタクシの事を 話しておられるようでございますが・・・



「お母さんぐらいじゃね?
(。-д-)y-。.。o○」


Σ(T▽T;)



・・・い、今。お母さんって言った!?


確実に 40代だと思われてます(T▼T)



その後、どうやって家に帰ってきたのか 良く覚えてません
il||li _| ̄|○ il||li




posted by @よぉこ@ at 19:45 | 日記 | 更新情報をチェックする